2008年10月27日

1年前と比べて実力は付いたか?

人気ブログランキングに参加しています!


こんにちは。
行政書士の花田です。


平成20年度行政書士試験まで、残すところあと12日余りとなりましたね。

本年度の受験申込者数は79590人ということで、
昨年に比べると2120人ほど少なくなっています。


昨年の合格率が高め(8,64%)だったことから、
本年度の難化を予想しての受け控えが影響しているのかも知れません。




まあ、受験する側としては、こういう数字を分析しても意味は無いですよね(笑)




さて、本題に入りたいと思います。


昨年に続けて受験する方は、昨年の試験からちょうど1年が経過することになりますよね。


この間の勉強で、1年前に比べて実力が付いたと感じられますか?


1年間勉強を続けてきた割には、
あまり実力が伸びた気がしない・・・という方も多いのではないでしょうか?


僕は行政書士試験を2度(15年度、16年度)受験しているわけですが、1年前と比べて実力の伸びを実感することはありませんでした。


苦手の行政法については、1年前よりはマシになったかな?という感覚はありましたが、これで絶対合格できるという確信はありませんでした。



このように、実力が伸びたという実感の無いままの受験でしたが、
結果は点数が一気に伸びて合格することができました。


得点の詳細はこちらをご覧ください。



昨年に比べて実力が伸びたという実感がなくても、
無事に合格できたという一例ですね。


個人的な体験に過ぎないと言えばそれまでですが(笑)、

自分を勇気付けるための材料にして頂けると幸いです。



posted by 花田好久 at 17:21| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【20年度】行政書士試験までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

直前模試受験のポイント

クリックよろしくお願いします☆→人気ブログランキングへ


こんにちは。
福岡の行政書士・花田好久です。

平成20年度行政書士試験まで、あと1ヶ月余りとなりましたね。



勉強が思うように進まず、
焦りで何も手につかない状態の方もいるかも知れません。


ただ、現状は現状として受け入れるしかありませんよね。



1度落ち着いたうえで、残りの期間で何ができるか?を考え、
粛々と実行していくだけです。


予備校の模試に関しては、
出来る限り「会場受験」で「複数」受けることをおススメします。


LEC東京リーガルマインド「2008全日本行政書士公開模擬試験(全4回)」

伊藤塾「公開模擬試験(全2回)」


Wセミナー「全国公開模擬試験(全2回)」


TAC「全国公開模試」


会場で受験することで、本試験に近い緊張感を体感することが出来ます。

ここでいつも通りの力を発揮できれば、
本試験でも「あのときの模試と同じようにやれば良い」と自己暗示をかけることができます(笑)


模試にはどうしても予備校ごとの特徴やクセが出るようですので、
色々な難易度、出題形式に対処できるよう、複数の模試を受けることが望ましいです。



それでは、最後まで粘り強く頑張ってくださいね。
応援しています!





posted by 花田好久 at 14:47| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 【20年度】行政書士試験までの道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。