2008年11月16日

受験勉強の再開時期について

トップ10入りしました→人気ブログランキングへ


平成20年度行政書士試験終了後1週間が経過しました。


自己採点の結果、残念ながら不合格が確実または濃厚であった方は、
来年に向けてのスタートをいつ切るか?が問題になりますよね。


来年の合格発表(平成21年1月26日)までは勉強に手を付ける気にもなれず、発表後になんとなく再開する・・・


こういうパターンに陥ってる方も多いのではないでしょうか?



司法試験に失敗し続けた僕も、まさにこのパターンを繰り返していました^^;



試験直前には、自分の勉強不足や実力不足を後悔していたにも関わらず、試験が終わるとパッタリ勉強を止めてしまう・・・


自分のことながら、あまりに無反省というか何と言うか・・・




試験終了後、リフレッシュの期間はあって良いと思いますが、
11月上旬から1月下旬まで何の勉強もしないようでは厳しいですよね。


残念ながら、また来年も同じことの繰り返しになる可能性大です。



本気で来年度の合格を目指すなら、
勉強の再開は早いに越した事はありません☆


大半の受験生が勉強をしない時期に、
着々と実力を蓄えていこうではありませんか^^



posted by 花田好久 at 20:48| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 合格のための受験勉強方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして,本試験は冷や冷やでした。
一般知識はぎりぎりで足きり逃れました。
総合点でも合格ライン超えた感じですが
結果がでなければわかりません。
自分のような輩は多数いると思います。
落ちていたときのために勉強再開します。
年内は条文の読込みに力を入れます。


Posted by 大門 at 2008年12月01日 22:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109761920

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。