2008年11月21日

テキスト・講座の見直し

いつも応援クリックありがとうございます⇒人気ブログランキングへ


前々回の記事で、テキストや講座の見直しについて触れました。


2年連続で受験する場合、前年度に使用したテキストや講座を再度利用するかが問題になりますよね。



同じ素材で繰り返し勉強する方が記憶の定着を図りやすいのですが、一方で新鮮味や刺激がなく、勉強が惰性に陥りやすいのも確かです。



「不合格の原因をテキストや講座に求めない」

この原則さえしっかり守れていれば、同じテキストを使っても、新しいテキストを使っても、どちらでも良いのではないでしょうか。


自分に合わないと思えば、思い切って変更することは必要だと思いますが、何もかもをテキストのせいにしては進歩がありません。



どんなテキストや講座も、何回も何回も復習しなければ、十分な学力が付くはずありません^^;


それさえ認識できていれば、どんなテキストを使っても、実力はちゃんと伸びていくと思いますよ☆



posted by 花田好久 at 20:04| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 【21年度】行政書士試験合格への道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、はじめまして。

市販のテキストのレベルと行政書士試験のレベルが違うような気がします。
今年は特に憲法・行政法は過去問をやっていてもとりずらい内容だったと思います。
難しくても内容がすべて載っている本・基本書があれば先生のほうからお教え願いたいのですが。
なにとぞよろしくお願いします。



Posted by tan@ka at 2008年11月26日 19:33
tan@kaさん

過去問だけでは対応できないのが当然だと思いますよ。

また、市販のテキストでは対応できない問題もあるはずです。

ただ、基礎的な問題や標準的な問題をキッチリ取れれば合格点はクリアできるはずですので、まずは本試験を振り返ってみて、取りこぼしが無かったかをチェックするのが先決です。

(問題の難易度は、後日受験情報誌や予備校の分析講座等で詳細な分析がなされます)

そのうえで、大手予備校が出版している基本テキストに加え、国家U種や地方上級の公務員試験用問題集なども使えば、内容的には十分だと思います。


Posted by 花田 at 2008年11月28日 17:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110001724

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。