2008年01月26日

合格のために何より必要なこと

記事が参考になったら⇒人気ブログランキングへ

今日は結構イヤなことを言います(笑)

モチベーションを下げたくない方は、
今日の記事は読み飛ばしてください。



近時の行政書士試験をクリアするためには、
週平均20時間程度の勉強時間を確保する必要があります。

1日30分や1時間程度しか取れないようでは、
残念ながら合格は非常に厳しいと思います。


行政書士試験、司法試験、宅建、ビジネス実務法務検定2級、法学部での講義・・・と、法律の勉強をしてきた僕の「体感」なのですが、1日1時間程度の勉強では、学力を維持するのが精一杯なんですよね・・・。

集中力や効率の追求でカバーするのも限界があります。



個人的には、「保険のために行政書士試験を受けておこう」という人より、「どうしても行政書士になりたいっ!」という人に合格して欲しいんです。


ですが、合格するためには、それ相応の勉強時間を確保することが絶対条件になります。

法学の学習経験がない方は尚更です。

これは事実なので致し方ありません。



まずは勉強時間を確保する努力をする。

これが何より必要なことなんです。


いかなるカリスマ講師と言えども、
1日1時間の勉強で合格するカリキュラムを組むのは無理です。


参考書や問題集も同じです。
1日30分やっただけで合格できる参考書なんてありません。


まずは勉強時間を確保する努力をする。

それが何より必要で重要なことです。


1年間だけ仕事や家事をセーブすることは出来ませんか?

家族に迷惑をかけない範囲で・・・という考え方は立派だと思いますが、1日1時間の勉強では合格は厳しいのが現実です。



勉強時間の確保が重要なんて、当たり前で分かりきったことかも知れません。

ですが、そこから目をそらしている方が多いと感じたもので、あえて記事に書かせて頂きました。


この参考書がイイ!なんて紹介するより、勉強時間を確保する努力をしてもらう方が、よっぽど合格に近づきますからね。







posted by 花田好久 at 20:59| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 合格のための受験勉強方法論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。