2005年12月08日

17年度合格者(推定86〜90点)の勉強法

 「スチュワーデスから行政書士へ ももすけの成長日記」のももすけさんが、勉強法・使用テキストを公開されてます。
 
 17年度の試験を半年で突破(現時点では突破濃厚)されたノウハウですから、とても参考になると思います!

 リンクはこちら→平成17年行政書士試験・半年で合格圏内に導いたもの
 
posted by 花田好久 at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【17年度】試験分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

こうすれば受かった!

 こんにちは、管理人の花田です。

 難易度の高かった17年度試験ですが、どのように得点すれば合格できたのか?
 花田の私見による分析ですが、良かったら参考にしてみてください。

 一般教養 20題中13題ゲット(26点)

 法令・記述式 30点中15点ゲット

 法令・択一式 35題中22題ゲット(44点)

 合計 26+15+44=85点


 まず、一般教養はやさしめだったので、13題は正解したいところです。
 記述は、二重の基準・行政審判・自治事務・要物・付従性の5つを書いて15点確保。
 
 法令択一式では、
 
 基礎法学 2題中1題
 憲法 5題中3題
 行政法 12題中7題
 民法 6題中3題
 商法 3題中1題
 税法 2題中1題
 行書法 2題中1題
 戸籍法・住基法 2題中1題
 労働法 1題中1題

 以上の19題を正解して、プラスαで3題正解。
 これで22題正解で44点ゲットです。

 記述も厳しいですが、法令択一もきつかったですね・・・。
 特に、NO.1,4,5,9,10,13,16,25,26,29あたりは難易度高いと思いました。

 全体的に見て、これまでの行政書士試験のための受験勉強では、84点のラインを越えるのは相当難しかったでしょうね。
 ラッキーな得点が多かった人や、他資格の受験勉強でプラスαの力を身につけた人なら・・・という感じです。

 今回の記事が参考になったという方は→
 人気ブログランキングへ一票
 
posted by 花田好久 at 14:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 【17年度】試験分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。